スミリン通信
 
商品紹介(法人向け)
 
研究開発
  HOME > 事業概要
事業概要
生産者の視点で徹底的に科学された土
土太郎ってなんだろう?

“土太郎”は農業生産者向けに開発された育苗用培養土です。培養土に求められる品質を徹底的に追及し、植物の育成に適した生育環境だけでなく、生産者の利便性にもこだわっているので、販売から20年あまりになりますが、プロ農家を中心に、一般園芸向けなど、幅広いユーザーにご愛用いただいているロングラン商品となっています。

 

天然のミネラルをたっぷり含んだ河川の土を利用
    “エジプトはナイルの賜物”と言われるように、河川由来の土は、自然の恵みを受け、植物に必要な有機成分、ミネラルがタップリ。土太郎はそんな河川土の機能性を活かした“スミリン粒土”を原料にしています。
      【“スミリン粒土”の3つの特徴】
@ 長期間壊れにくい団粒構造を有するため、保水・透水性のバランスが最適。育苗期間、良好な根域環境が保たれるだけでなく、灌水管理がしやすく作業の軽減になります。
A 育苗期間に植物に必要な栄養素が充分含まれているため、水だけで誰でも健全苗が育苗できます。
B さらに肥料持ちが良いため、長期の育苗、栽培床として利用しても施肥量が少なく管理でき経費節減に役立ちます。
       
他社の培養土と比較しても、根張りの違いは歴然!!
 他社の培養土と比較しても、根張りの違いは歴然!!


有用微生物”デルマ菌”の働きにより健全苗を安定生産

 植物の生育に有用な微生物群“デルマ菌”を育苗培養土の原料として利用することにより、地下部の生物環境が良好に保たれ、健全苗が安定生産できます。

【スミリンユーキデルマについて】

使用方法
1, 土太郎は果菜類、葉菜類、草花、観葉植物、植木など全ての園芸作物に使用できます。
2, 土太郎には、植物が育苗中に必要な栄養分が含まれているため、水だけを与えて管理ができます。
3, 最初は、鉢底から排水が確認できるまでたっぷりやってください。2回目以降の水やりは、植物が萎れる直前にやってください。(鉢の表面が乾いても、まだ水分がある場合がありますので、過剰な水やりにならないよう植物の様子を観察しながら行ってください。)
4, 育苗期間が長くなる場合には、様子を見て生育に応じて追肥をしてください。
肥効目安:秋・冬期→30日間、夏期→20日間
5, 手持ちの用土を混ぜてご使用の場合は用土を土壌消毒の上、土太郎と混合してご使用ください。さらに、増量分に相当する施肥をしてください。

   
Back TOPへ