スミリン通信
 
商品紹介(法人向け)
 
研究開発
  HOME > 事業概要
事業概要
土から土へ。持続可能な社会への一助に

 住友林業グループのアグリ関連事業としてスタートした当社は、環境、リサイクルの点から持続可能な農業、園芸及び緑化を考えた事業を推進してきました。当社が考えるのは、お客様に喜ばれるものづくりであり、環境にやさしい商品。農作物も、草花も、そして私たちも自然の一部です。当社を代表する商品“土太郎”は土から生まれ、また土に返るような自然のサイクルを体現しています。自然と人との共存が真剣に問われる今日、私たちは“土”という原点を見つめ直し、環境にやさしく、お客様に喜ばれる商品開発を目指して、社員一丸となって邁進していきます。

農業分野
 化学肥料、農薬の多用による反省から、食と農の原点である土作りが見直される中、我々は、土壌に有用な微生物を活かし、持続可能な農業を推進しています。また、浄水ケーキと微生物を原料にした育苗培養土“土太郎”は、単なるリサイクル資材ではなく、微生物の力を最大限に活かし、長年に渡りプロ農家に愛されるロングラン商品になっています。これからも、長く愛される商品開発を目指し未来の農業を創造していきます。

【育苗培養土“土太郎”について】

【“浄水ケーキ”について】

【有用微生物資材“スミリンユーキデルマ”について】
 
園芸分野
 園芸は、一頃のガーデニングブームの影響もあり、庭造りからベランダ園芸などのライフスタイルに合わせて、単なる趣味に留まることなく、既に生活の一部として溶け込んでいます。近年は、植物の機能性を心と体のセラピーに活かした園芸療法や、屋上スペースの有効利用と夏場の室内昇温抑制を目的とした屋上菜園・緑化など、幅広い場面で生活に密着しています。
 弊社では農業分野で培った培養土開発、土壌改良技術を応用し、皆様の居住・生活空間に豊かな緑の潤いを与えるとともに、自然由来の資材を活かすことにより、地球環境、地域社会に貢献するという観点で製品作りに努めています。活き活きとした草花をもっと気軽に、やさしく育てることができたなら・・・。それは弊社の願いでもあります。

 園芸専門店での採用  一般家庭園芸での利用
 
農業分野
 近年、地球温暖化に伴い、ヒートアイランドなど都市特有の環境問題が取りざたされるなか、多くの都市では緑の重要性がクローズアップされ、早急な緑化が必須課題になりつつあります。
 弊社では、緑化の基盤となる土壌を改良し、さらには、都市緑化の新たな空間として屋上緑化、人工地盤などに適した培土を開発・提供することにより、豊かな緑が潤う未来のまちづくりに貢献します。

 幕張新都心での施工事例 

 

   
Back TOPへ